【石暦】ほんのり色っぽい?魅力溢れるアンデシン

そのパワーストーンの名は「アンデシン」。新しいパワーストーンにもかかわらず、多くのファンがいるその理由を、アンデシンの魅力などを交えながらオハナが楽しくお話ししたいと思います。



多くの人の心を惹き付けてやまない、その理由とは!?


アンデシンというパワーストーンの名前を知っている人は果たしてどのくらいいるでしょうか。
このアンデシン、発見されたのは2002年のことです。
私たち自身が2002年の記憶を引っ張り出すのに苦労しない程度ですから、比較的まだ新しいパワーストーンだといえますよね。
アフリカの今後民主共和国で発見されたアンデシンは、チベットでは祭祀などに使われていたのだそうですよ。
祭祀に使われるほどのパワーストーンということは、なにかしらのパワーがあるのかしら?と考え付きますね。
ちなみに、チベット産のアンデシンはとても希少なので、多く流通するということがありません。
ですので、必然的にお値段もお高めになってしまうのですが、それはしかたの無いことですね。

このアンデシンの魅力はなんといっても、その見た目の美しさがいえるのではないでしょうか。
特にチベットで産出されるアンデシンは、赤色が強めでシラーもキラキラと輝く美しさ。
それもそのはず、アンデシンはラブラドライトやムーンストーン、アマゾナイトといったパワーストーンと同じ仲間なんです。
それを聞くと「あぁ~、なるほどね!」とうなづけるでしょう。
このなんともいえない美しさが、多くの人を魅了するんですよね。

アンデシンのもうひとつの魅力、それはいい知れぬパワー


アンデシンは、チベットの祭祀で使われていた、というお話しを先ほどちらっとしましたよね。
チベットの聖職者が、特別な祭祀のときにかなり重要な扱い方をしていたそうで、そういった事からもアンデシンの存在がただならないものだと感じ取れます。
このパワーストーンは、ただ「キレイだから~!」「人と違うものがいいから~!」という軽い気持ちで持ってはいけない、パワーを秘めているようです。
それはチベットでの扱いからも見て取れるように、アンデシンそのものを扱う人間がそれ相応のパワーの持ち主じゃないといけないからなのでしょう。
要するに、パワーを扱いこなせない人間には、逆効果を生む力を秘めているからとも受け取れます。
ちなみに、アンデシンがもつパワーとしていわれているものは以下の3つです。



■予知能力を高める
■霊的存在(高次元)からのメッセージ受信
■浄化作用・厄払い



予知能力が高まるということは、霊的存在(高次元)からのメッセージやインスピレーションを受け取ることができるということに繋がると思います。
そういった波動をキャッチすることができるようになれば、未来を予知することもできるのでしょう。
では、浄化作用や厄払いというのはどういったことなのか、次の章でお話ししてみますね。

浄化や厄払いって、いったいどうやって?


アンデシンそのものがよからぬ低次元の波動をよせつけないパワーがあります。
ですので、このパワーストーンを身につけていることで、あなた自身も同じ波動に包まれますから、低次元の波動をはねつけると考えても良さそうですね。
「類は友を呼ぶ」とか「引き寄せ」といった言葉をきいたことがあると思いますが、まさしくそんな感じです。
この強いパワーは、邪悪といわれるようなレベルの念や波動を打ち返すといわれているので、人から悪口を言われて困っている場合やトラブルに巻き込まれているときに見につけると良さそうです。

そんな頼もしいアンデシンですが、守られてばかりでは申し訳ないですよね。
いつも厄を祓ってくれているということは、それなりにお疲れということもあります。
時には持ち主が率先してアンデシンを浄化してあげるといいでしょう。



アンデシンの浄化方法~
オススメの浄化方法は、月の光で浄化させる「月光浴」と、水晶クラスターで浄化させる「クラスター浄化」、そして「セージ」です!
アンデシンは太陽光と水がとても苦手ですので、これらでの浄化はオススメできません。
セージならお部屋全体も浄化できるので、1度で2倍おいしいかもしれませんよ♪

おわりに


これまで馴染みのなかった人も、これだけの魅力を持っているパワーストーンを知ってしまったら、手にとってみたくなりますよね♪
軽い気持ちじゃなく、もし心から本当にアンデシンを求めているのなら、縁のあるアンデシンがきっとあなたの元にやってくると思います。

ごく自然に、不思議なほどスッとあなたの目の前に姿を見せてくれるでしょう。
その時が来るのを楽しみに過ごすのも、とても有意義な時間になると思いますよ。



ライター:オハナ(OHANA)






アンデシンのアイテム