パワーストーンウィキ パワーストーンの選び方

1.パワーストーンとは

パワーストーンは文字通り何かパワーを持っているストーン(天然石)という意味ですが、意外にも日本で作られた造語です。
海外では宝石という意味でジェムストーンとか、天然石という意味でミネラルと言います。

水晶やオニキス、タイガーアイ、サファイアやルビーなどメジャーな物から、ルチルクォーツやスギライト、ラリマーなどの近年大変人気が高まっているもの、アンモナイトの化石や隕石、その他ほとんど聞いたことがないようなレアなものまで石は全てパワーストーンと言えてしまうくらい幅の広い言葉です。

それぞれ石ごとに美しさ、個性、言い伝えや人によっては感じるパワーもあるため、一般的なファッションとしてジュエリーとは少し違った意味合いで持たれる方が多いようです。
また近年では、原石そのままの鉱物の人気も高まっています。



2.パワーストーンって本当にパワーがあるの?

石といえば墓石以外はダイヤモンド、そしてジュエリーを思い浮かべるのではないでしょうか。
ジュエリーやアクセサリーをなぜ身に着けるかと言われると、ひとつはファッション性、もうひとつは富の象徴です。
実はこのアクセサリーを身につける習慣はかなりの歴史があります。

インディアンが好んで身に着けるターコイズや水晶、エジプトのファラオの秘法ラピスラズリなどは6000年前のメソポタミアの遺跡からも発掘されています。

古代の人々は宇宙や自然、人智を超える神々のような存在を身近に感じていました。
夜になれば真っ暗闇で、月や星々が明るく輝いて見えたでしょうし、嵐の日は自然の驚異を間近に感じていました。
そのパワーや神々に繋がり、理解したいという気持ちが強かったことは多くの遺跡や文献からうかがい知ることが出来ます。
天然石は多くの古代の人々にとってただのファッションや財産(ジュエリー)ではなく、まさにパワーストーンだったのです。

産業革命以降は合理化、大量消費と利己主義で自然や神々が遠く見えなくなってしまいました。
しかしその時を経て、特に21世紀を迎えてからまた自然や宇宙、人智を超えた叡智の存在を意識する人が増えてきました。
古代に戻っているのではなく、様々な過程を経て大切なことを知ったのかもしれません。

天然石は自然・地球が作った結晶です。
その結晶を通して、より高い意識を感じたり、叡智からのメッセージを受け取ることがパワーなのかもしれません。
花を見ると心が安らぐように、ぜひ自分の気になる石を手にとって美しい自然に触れてください。



3.石言葉について

パワーストーンを持つことで、幸運の神様を買うように思う方がいらっしゃいますが、パワーストーンは神様や仏様のようなものとは違い、植物や海、山と一緒で自然の一部であり、宇宙や自然のより高い意識と繋がるためのカギだと考えています。

花言葉のように、石には言い伝えや敏感な感性を持った方などのお話をまとめた石言葉があります。
例えば恋愛運の石、ローズクォーツは心のトラウマを優しく癒してくれる意味合いを持った石です。
本来は人に優しく、笑顔が素敵な方なのに、何かがきっかけて自分に自信を失い、笑顔を忘れてしまった方の心を優しく包んでくれることで、笑顔を取り戻し、人から愛される、だから恋愛運がアップするといった意味合いの石です。

全ては自分が変わることで運命が変わります。
石達は今よりももっと素敵な自分になりたい、向上したいという人を優しくバックアップしてくれるパートナーのような存在です。



4.パワーストーンの選び方

パワーストーンの選び方の一つの基準に品質(クォリティー)があります。
ダイアモンドであれば鑑定書がついてきますので、これがプロのお墨付きとしてクォリティーの基準になっています。

"ダイアモンドはGIA(米国宝石学会)が取り決めた【4C】という世界基準があります"

しかし意外なことにダイアモンド以外の鉱物は、品質の基準が存在していません。
そのため、価格の相場も曖昧で、皆様が石の品質をどのように判断するかが全く分からないのが現状です。

同じ石でも品質などによって何十倍、何百倍もの差がありますので、我々石の専門家は、この石は安いとか高いということではなく、この品質・希少性に対して割安、割高という判断をしています。

パワーストーンウィキではクォリティーの基準になるポイントと、品質の比較画像を掲載しています(掲載されていないものは画像や情報を集め順次掲載するようにしております)

●石の選び方・プロの基準ポイント
1.透明感
2.色合い
3.カット・研磨:表面や穴の部分
4.処理加工の有無
5.その他:購入されるお店の対応やアフターサービスなど

※石の種類によって変わりますが、一つの参考にしてください。


5.パワーストーンウィキについて

パワーストーンの意味や石言葉についての辞典は他にもありますが、パワーストーンウィキは天然石の鉱物的な知識、扱い方法と共に、石の選び方・価値の基準をプロの視点からご紹介しています。

更に皆様からのクチコミ情報も掲載していますので、石についてはこのサイトで全てがわかる、そんな最大級の鉱物情報サイトを目指しています。


6.クチコミ投稿のお願い

全ての石のページの下方にはクチコミを投稿する機能がついています。
その石を持っている方の感想や、購入する際のアドバイス、体験談やお持ちのアイテム画像などをぜひお寄せください。

この情報が増えることで、パワーストーンの知識や品質などの基準が出来上がり、ますます"石好き"な方が増えることを願っております。
ぜひよろしくお願いします。